テンキーレスの安くておすすめなゲーミングキーボード紹介! 軸ごとに静音な物も解説




キーボードのテンキーは事務作業などはともかくゲームだと使う機会は少ないですよね。

ゲームに使うキーボードならテンキーレスキーボードを検討している人も多いことでしょう。

そこで今回は、テンキーレスゲーミングキーボードについて解説していきます。

また、コスパに優れて高性能なゲーミングキーボードを中心におすすめランキングも紹介していきます。

ぜひ最後まで読んでいただき、ゲーミングキーボード選びの参考にしてください。

ちなみに、テンキーレスに限らず、FPSにおすすめなキーボードの選び方まで詳しく知りたい、という方は以下の記事をどうぞ!

→  FPS用ゲーミングキーボードのおすすめランキング!軸の違いや静音性能も解説

スポンサーリンク


テンキーレスのゲーミングキーボードとは?

テンキーレスキーボードとは何かについて確認してみましょう。

テンキーレスキーボードのメリット

・コンパクトで省スペース
・マウススペースを広く確保できる

テンキーレスキーボードのメリットはやはりキーボード本体のサイズが小さいことでしょう。

サイズが小さいことによりデスクをより広く使えるようになります。

空いたスペースはマウスを動かくスペースを確保したり他のデバイスを置くこともできるでしょう。

テンキーレスキーボードのデメリット

・デスクワーク(特にExcelやプログラミング)に向かない
・扱っているメーカーが少ない

テンキーレスキーボードのデメリット
は、やはりテンキーを失ってしまったことです。
数値入力などの作業を主な目的にキーボードを利用する場合はオススメできません。
また、テンキーレスキーボードを扱っているメーカーが多くないという問題もあります。
なお、以下の記事では、他の種類のキーボードとの比較もして、もっと詳しく解説しております。詳しく知りたい方は以下をどうぞ。

スポンサーリンク


軸ごとのおすすめのテンキーレスキーボード

ゲーミングキーボードの多くはメカニカル式キーボードを採用しています。

メカニカル式キーボードには数種類の軸(スイッチ)が存在します。

軸ごとの特徴とおすすめのテンキーレスキーボードを紹介しましょう。

青軸

  • スイッチ感 ★★★(かなりある)
  • 音の大きさ ★★★(大きめ)

スイッチ感が強く、カチカチと大きな音が出るのが特徴です。

青軸のテンキーレスキーボードでオススメのキーボードはこれ!

HyperX Alloy FPS Pro

出典:https://www.hyperxgaming.com/jp

KingstonのゲーミングブランドHyperXのゲーミングキーボードです。

頑丈なスチール製フレームを使用しており耐久性と安定性に優れています。

青軸での紹介となりましたが、茶軸と赤軸のバージョンも存在します。

自分のスタイルに合った軸を選択できる自由度の高さも良いですね。

Romer-G

  • スイッチ感 ★☆☆(ほぼない)
  • 音の大きさ ★☆☆(しずか)

Logicool独自の軸、Romer-Gです。

スイッチ感は無く音も小さいため疲れにくいのが特徴です。

Romer-Gのテンキーレスキーボードでオススメのキーボードはこれ!

スポンサーリンク


ロジクールG PROゲーミングキーボード

FPSプロゲーマーで有名なダステルボックス選手も使用しているキーボードです。

ケーブルが脱着式になっておりオフライン大会などの持ち込みも簡単にできます。

その名の通りプロゲーマーの意見を取り入れて設計されており多くのプロに採用されています。

黄色軸

  • スイッチ感 ★☆☆(ほぼない)
  • 音の大きさ ★☆☆(しずか)

Lazer独自の軸、黄色軸です。

スイッチ感は無く音も静かなのが特徴です。

黄色軸のテンキーレスキーボードでオススメのキーボードはこれ!

Razer Blackwidow Tornament

ゲーミングキーボードの定番、Razer Black Widow Chromaのテンキーレス仕様です。

こちらもケーブルが脱着式になっており、持ち運びが容易になっています。

このゲーミングキーボードで一番のオススメポイントが付属のパームレスト

長時間ゲームをしても手首が疲れにくくなり、かなり快適です!

スポンサーリンク


安くてコスパが良いテンキーレスキーボードランキング

さて、テンキーレスキーボードの特徴についてご理解いただけたでしょうか。

ついにおすすめテンキーレスキーボードの発表です!

3位 MotoSpeed K87s

出典:http://www.motospeed.cc/

高コスパなゲーミングキーボードで有名なMotoSpeedのテンキーレスキーボードです。

低価格ながら反応速度0.1msを実現している高性能で低価格なキーボードとなっています。

有名メーカーで同等の性能のキーボードを探したら1万円は超えてしまうでしょう。

2位 ロジクールG PROゲーミングキーボード

軸ごとのオススメゲーミングキーボードに続いての登場となりました。

テンキーレスキーボードの中では圧倒的に高コスパなものとなっています。

Windowsキーの一時無効化機能が搭載されており、ご操作を防ぐことができます。

キーボードの角度を3段階に調整可能なため、自分の操作しやすい角度で使うことができます。

また、Amazonで頻繁にセールが行われているため安く手に入る機会も多いでしょう。

1位 Anne Pro 2

出典:http://en.obins.net/

Anne Pro 2は今世界中で流行している60%サイズのゲーミングキーボードです。

60%キーボードとはテンキーレスキーボードを更にコンパクトにした物を指します。

通常のテンキーレスキーボードよりも更に広くデスクを使えるようになります。

Bluetooth接続にも対応しており、煩わしいコードに悩まされる必要もありません。

普段使いに向かないデメリットはありますが、ゲーム専用と割り切ればコレほど高コスパな物は無いでしょう。

以上がテンキーレスキーボードに関する解説とランキングでした!

参考になればと思います。

また、本ブログでは他のデバイスの紹介もしていますので、ぜひそちらもどうぞ!

→  FPS用ゲーミングキーボードのおすすめランキング!軸の違いや静音性能も解説

→ ゲーミングマウスランキング: FPSプロゲーマー高使用率のおすすめを紹介【2019最新】

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

よいゲームライフを。

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする