MHWアイスボーン:猛牛竜バフバロ攻略 素材や装備、弱点を解説




物語の序盤で登場する大型モンスター、猛牛竜バフバロ。マスターランク序盤の相手としてまず最初に出会うでしょう。バフバロは「渡りの凍て地」の広範囲を歩いて徘徊します。アイスボーンでまず最初に討伐するモンスターが恐らくバフバロでしょうね。

序盤というだけあって、攻撃は直線的で単純ですが手強い攻撃もいくつかあります。
まずはクラッチクローの練習にバフバロと闘ってみるといいかもしれません!

それではバフバロの特徴や討伐の攻略や注意点などを書いていきたいと思います。

バフバロの生態

その生態は巨大な双角を持ち、寒冷地に適した巨体。基本は二足歩行で小さな前足がついています。温泉を好む傾向にあり、よく温泉の横に座っている様子が見られます。

温泉を飲む姿も確認できているのでミネラルを補給しているのでしょうか。いろんなところを徘徊するので洞窟などにも出現します。お腹が空くと涎を垂らしながら食べ物を求めて歩きます。バフバロは草食動物なので角で雪原を掘り起こし木の根などを食べます。そのあとは痕跡となって残ります。

特徴や攻撃パターン・弱点

突進攻撃

@MH_official_JP  Twitter

基本は巨大な双角を使って攻撃を仕掛けてきます。一部の攻撃を受けると氷属性やられになるので、ウチケシの実は必ず持って行きましょう。頭突き、前方なぎ払い、前方三方向へ連続で角を突きつける攻撃、頭を振り上げてから角を突きつける攻撃などがあります。

前しか見えていないイノシシのようなモンスターなので、後ろに張り付いて攻撃するのが安全です。

また、地面に頭を突っ込み、周囲のものを巻き込みながら突進して攻撃してきます。
エリアによって巻き込むものが変化します。雪エリアでは雪玉、岩エリアでは岩、木があるエリアは木をそれぞれ巻き込み投げつけてきます。


木はまるごとなぎ倒してショベルカーのように押し出しながら投げつけてくるので破壊力が凄まじく注意が必要です。障害物の多いエリアでは注意が必要です。

※バフバロは渡りの凍て地以外にも出現します

地面に叩きつけた岩は四方八方に飛び散り、当たるとダメージを受けてしまいます。

叩きつけた岩をまた更に角で持ち上げて放り投げてくるので態勢を整える前に連続ダメージを受けかねません。

こんな大きな岩も平気で投げつけてくるので注意です。ブレスなどをしないかわりに、障害物を投げつけてくることで遠くにいるハンターにも攻撃を当ててきます。特にガンナーは気を抜いているとやられるので気をつけましょう。

攻撃パターン

①障害物での叩きつぶし
②巻き込んだものを前方に飛ばしてくる
③巻き込んだものを転がしながら突進してくる

バフバロは乱入モンスターでもあり、いろんな場所で邪魔をしてくるので、他のモンスターとの戦闘中にバフバロが乱入することで地形が変化してまったりその場の状況を変化させてしまうので、他モンスターとの戦いに集中できなくなってしまう可能性もあります。それもあってバフバロ単体は前方への角攻撃が基本とシンプルな攻撃のみになっていますが、邪魔されると厄介な存在となりそうですね。

また、叩きつけでステージが崩落するギミックもあるので注意です。

ターゲットを固定して直進してくるあたりは暴走機関車のようなものですね。逆を言えば、後ろ側から攻撃すれば絶対安全ということです。また、ブラントドスが同じエリアにいる場合は縄張り争いをするため、それでダメージを与えるのも一つの手ですね。動きとしてはMHWのボルボロスに近いですね。序盤から中盤によく出てくるモンスターとなります。

部位破壊

角(左右2箇所)、尻尾、後脚(左右)です。尻尾は切断できます。

攻略を楽にするポイント

氷耐性をあげる
耐震スキルをつける
ウチケシの実を持っていく
耐寒の装衣・改を着る

入手できる素材や作れる装備

入手できる素材

本体の剥ぎ取り

・猛牛竜の重甲
・猛牛竜の靱尾
・猛牛竜の巨大な角
・猛牛竜の重殻
・大竜玉

両角破壊報酬

・猛牛竜の巨大な角

バフバロの素材から作れる装備

防具「EXバフバロシリーズ」
ドワーフをモチーフにつくられたデザインだそうです。

バフバロは草食動物ということで、防具にキノコを食べると体力回復速度アップというシリーズスキルを付けたようですよ。

序盤のモンスターなのでそれほど手こずることはないでしょう。まずはアイスボーンでの新要素の練習にバフバロを討伐してみてください!

それでは良きハンターライフを!

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする