トムとマルクの顔や年齢,ワールドカップの結果や賞金,使用スキンは!?【フォートナイト】




フォートナイトは非常に奥の深いゲームです。

ガチの競技者から、週一で遊ぶ程度のプレイヤーまで、色々な人がこのゲームを遊んでいます。

そんなフォートナイトをプレイするユーザーの1人で、有名実況者の1人が「トム」と「マルク」さんです。

この2人はいずれも「トムの実況チャンネル」で、主にフォートナイトをプレイしている方たちで、高い人気を誇るyoutuberとなっています。

ここでは、そんな2人についてまとめていきましょう。

最近では、アメリカで開催されたフォートナイトのワールドカップにも出場するなど、大活躍されているので、それについても触れていきたいと思います!

スポンサーリンク


フォートナイト実況者、トムとマルクの顔と年齢は?

出典:https://www.youtube.com

右がトムさんで左がマルクさんです!!

お二人とも整ったお顔ですね、、。

なぜ突然顔出しをしたのかと言うと、

どうやら、トムさんがニューヨークで行われるフォートナイトワールドカップに出場することとなり、その撮影に備えて先に顔出しをしといた。という経緯のようです!

顔出しの動画は以下の物です!

トムの誕生日は1998年2月26日生まれだということがわかっています。

そのため、2019年7月現在、年齢は21歳です。

見た目よりも若いと感じる方が多いようですが、それはやはりハーフの血が大人びて見せているのかもしれませんね!

本名は「ともや」であることがわかっていますが、漢字や苗字等は不明です。

マルクの生年月日は1997年5月5日で、トムよりも1歳年上です。

本名に関しては不明、トムさんとは学友という関係であることがわかっています。

スポンサーリンク


フォートナイトワールドカップでのトムの結果、賞金は?

先ほど少し触れたワールドカップですが、この大会の規模がとてつもないんです。

なんと、最高賞金は3億円。

NinjaさんやFaZeクランのメンバーなど、世界中から超強豪プレイヤー達が集められて開催されました!!

そんなあまりにも超ビッグな大会でトムさんの活躍はと言うと、、

なんと、大会内のクリエイティブ部門でトムさんのチームが2位になっていました!

しかも、陣地取りモードや隠れんぼモードでは1位や2位を連発するなどして、会場をとっても盛り上げていらっしゃいました!

気になる賞金はと言うと、、およそ3400万円だそうです!

チームは4人なのでおそらく4等分ですが、それでも850万円!すごい額ですね。

詳しくは以下の動画で紹介されていますので、ぜひご覧ください。

トムとマルクのボタン配置は?

トムさんのボタン配置は、変更点が「使用がF」「武器スロット1がZ」ぐらいで、ほとんどはデフォルト配置で行っています。

よくやりづらいといわれるフォートナイトのデフォルト配置ですが、慣れてしまえばそうでもないのかもしれませんね!

ちなみにマルクさんのボタン配置も、基本的にはデフォルトで行っているようです。

マルクさんは、実力の高さはかなり高い方なのですが、やはり競技プロとして活躍しているわけではないので、キー配置にはこだわっていないのかもしれませんね。

両者ともにデフォルトに近いようですが、ボタン配置で重要なのは「自分がやりやすい」ということです。

そのため、これらのキー設定を真似するよりかは、自分でやりやすいようにカスタマイズしたほうがいいと思います!

スポンサーリンク


トムとマルクはフリークやエイムリングは使っているの?

そもそも、トムさんもマルクさんもPCでフォートナイトをプレイしていらっしゃるので、関係ないです笑。

当たり前のことですが、一応こういうキーワードで検索される方がいるようなので取り上げておきました。

トムとマルクのフォートナイトのスキンは?

トムさんとマルクさんは、基本的には決まったスキンを使っているわけではないようです。

その時々にあわせて、色々なスキンを使っています。

ただ、トムさんにはお気に入りスキンがいくつかあるようです!

ひとつは「パワーコード」という名前のスキンで、ピンク色のおかっぱで、ギターを持っているスキンになります。

カッコイイ雰囲気が、トムさんにぴったりですね!

もうひとつ、よく使っているスキンが「ザ・リーパー」というスキンです。

このスキンは黒服でひげを蓄えたカッコイイおじさんで、「死神」の名前の通り、暗殺者めいた雰囲気があります。

パワーコードは購入、ザ・リーパーはシーズン3のバトルパスで入手することができました!

トムとマルクについてまとめました。

彼らは本当に楽しそうにゲームをするので、ぜひこれからも色々なゲームをやっていってほしいですね!

それでは、最後まで読んでくださってありがとうございました。

よいゲームライフを。