BF5

【BFV】新武器Selbstlader 1906を解説!おすすめ専門技能カスタムも!

 

こんにちは!

2018年の12月21日からタイドオブウォーの第3週がスタートしましたね

 

これについては先日別の記事にまとめましたので、そちらもぜひご覧ください!

→  タイドオブウォー第3週攻略!新武器を最短ルートでゲット

 

上の記事でも述べていますが、この週のクリア報酬は、「Selbstlader 1906」という新武器です。

 

今回はこの武器の性能やおすすめ専門技能をご紹介します!

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク


BF5新武器のSelbstlader 1906の性能

 

この武器は斥候兵が使える自動式ライフルの1つです。

同じタイプの武器には、ZH-29やModel 8などがあります。

 

今まで、自動式ライフルの中では圧倒的にZH-29が強いとされて来ましたが、個人的にはZH-29より、今回ご紹介する新武器の方が強いと思います!!

 

なぜならこの武器は、自動式ライフルなのにいろいろな使い方ができるからです。

 

まずこの武器は、どんな距離でも基本2発で敵を倒せるので、遠距離からの狙撃でとても強いです。

さらにこの武器は、ZH-29よりも連射速度が速く、また2倍サイトをつけられるので、中距離の敵とも撃ち合いやすいです。

 

ですが、もちろん色々な使い方を楽しむためには、専門技能をしっかり選ぶ必要があります。

 

この武器に限った話ではないですが、自分の立ち回りや武器の性能に合わせて専門技能をしっかり選ぶことで、武器の強さは大きく変わって来ます!!

 

おすすめの専門技能カスタム

 

先ほども述べたように、この武器はいろいろな使い方に対応できますので、ここではプレイヤーの立ち回りをざっくりと2種類に分けて、それぞれにオススメの専門技能を紹介します!

 

遠距離狙撃に特化した立ち回り

 

バイポットを立てたりしながら遠距離からの狙撃をメインに立ち回る方には以下のような専門技能がオススメです。

まず遠距離戦を強化するために1段目にはバイポッドを選んでいます。

さらに、バイポットを選んでいる以上、リコイルバッファーや軽量ストックは必要ないので結果的に

「バイポッド→高速リロード→スリングスイベル→高速弾」となっています。

 

最後の高速弾は強力で、遠距離で動いている敵にも弾が当てやすくなるので非常にオススメです。

スポンサーリンク


中遠距離を幅広くカバーする立ち回り

 

先ほどよりも、割と自由に立ち回り、積極的に戦況を動かそうとする人向きの立ち回りです。

専門技能は以下の通りです。

まず、中距離戦にも対応するために1段目に高速エイムをつけます。

これはまず間違いない選択だと思います。

 

2、3段目に関しては、「バレルべディング」と「軽量ストック」をつけました。

これらをつけることで、ADS中にカニ歩きしながら撃ち合えるので、中遠距離戦で勝ちやすくなると思います。

 

ただこの2、3段目に関しては、左のルートにして、リロードを速くしたり武器切り替えを早くしてもいいと思います。

こちらの方が、一対一の撃ち合いの強さでは劣りますが、継戦能力では圧倒的に強くなります。

 

4段目の高速弾は、遠距離戦でしかあまり強くないので、リコイルを抑えやすいようにリコイルバッファーをつけましょう。

 

まとめると、こちらの立ち回りでは、1段目の「高速エイム」と4段目の「リコイルバッファー」をお勧めします!!」

 

最後に

 

以上が新武器「Selbstlader 1906」の解説でした!

 

もしまだそもそも武器ゲットしてない!というようであれば、ぜひこちらの記事をご覧ください!

→  タイドオブウォー第3週解説。最速で新武器をゲット!

この記事では、新武器ゲットまでの最短ルートを解説しています。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

よいBFライフを!!