BF5

【BF5】ゲームモード解説。おすすめランキングや人気のモードは?

 

こんにちは!

突然ですが、バトルフィールド5(BFV)プレイヤーの方に質問です…

 

ぶっちゃけ、飽きてきてませんか??笑

 

自分はぶっちゃけ少し前から飽きてきていました。笑

BF1と似た要素も多いですしね…

 

ですが、それからしばらくして、またBFVにハマり直しました!!

その理由こそが、このゲームのゲームモードの多様さです。

 

今まで、どうせつまんないだろーと思ってやりこんでいなかったゲームモードも、やってみると意外と楽しくて、またハマってしまいました!

 

ですので今回は、個人的におすすめのゲームモードランキングと、今人気のゲームモードをご紹介します!!

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク


BFVで人気のゲームモードとその解説

 

ここでは、人気のゲームモードを2つご紹介し、それぞれのルールを解説します。

 

コンクエスト

広大なマップにある5〜7つの拠点を取りあうモードで、基本32対32で行います。

 

BFシリーズの伝統的かつ代表的なゲームモードです。

過去作を含めて、これがBFの中で一番賑わっているゲームモードだと思います。

 

戦車や航空機も頻繁に登場し、マップも広大なので、リアルな戦場を楽しめます。

 

しかし個人的には、BFVのコンクエストはおすすめしません…。

この理由は、この記事のおすすめゲームモードランキングで詳しく述べているので、そちらをご覧ください!

 

グランドオペレーション

このゲームモードはBFVで初めて実装されたものなので、比較的人気です。

 

1試合が3、4つのラウンドに分かれているため、複数のマップを同時に楽しめます。

さらに、ナレーション付きでリアルな戦争を描いているので、コンクエストよりも雰囲気で勝っています。

 

グランドオペレーションの詳しいゲームルールは、話すと長くなるので別の記事に回します!

 

とにかく戦争の臨場感が欲しい!というプレイヤーにはうってつけのゲームモードだと思います。

スポンサーリンク


おすすめのゲームモードランキング

ここでは個人的におすすめランキングを作成しました!

参考になればと思います。

 

ちなみに、今回のランキングの参考に入れてはいませんが、

実はゲームルールとその人数は無限ロードバグのなりやすさと関係しています!!

ですので、無限ロードに悩んでいる方はその点も気をつけてモードを選びましょう。

詳しくはこちらをどうぞ。

→  BF5の無限ロードがなおってない…。原因と対処法は?

 

第1位 フロントライン

 

フロントラインは、その時々によって争われる拠点が1つに限定され、その拠点をとると敵陣営により近い次の拠点へと戦場が移るというゲームモードです。

 

このチョイスは意外に思われる方が多いのではないでしょうか?笑

あまり人気でもなく影の薄いゲームモードですもんね。

でも個人的には一番面白いと思っています!

 

このゲームモードの良いところは3つあります。

・前線がくっきりしていて歩兵戦が楽しい。

・戦場が頻繁に移り変わるので芋が湧きにくい。

・16対16の規模なのに地上兵器も活用できる。

 

ただ1つだけデメリットとして、敵と味方の実力が拮抗しているときに試合がダラダラと長いびいてしまうことが挙げられます…。

後は、航空機乗りの方ももちろん楽しめないモードです笑。

スポンサーリンク


第2位 グランドオペレーション

 

グランド・オペレーションのルールは先ほども述べた通りです。

 

このゲームモードの良いところは以下の通りです。

・リアルな戦争感が味わえる。

・1試合で様々なマップを楽しめる。

・グランドオペレーション中にしかプレイできないルールがある。

 

ただデメリットとして、マップによっては有利不利が分かれていて一方的な試合になりやすいという点が挙げられます…。

 

このモードでは、3日目の勝負が引き分けだった時にのみ登場する「ファイナルスタンド」というルールが存在します。

これがとっても面白くて、もっとプレイしたいのですが、なかなか3日目が引き分けにならずに終わってしまいます…。

 

第3位 ブレークスルー

 

このゲームモードは、攻撃側が防衛側の持つ拠点を攻め、残り出撃数がなくなるまでに全ての奪取を目指すというルールです。

 

こちらは、フロントラインをもっと大規模なマップで、そして大人数でプレイしたいという方におすすめです。

しかし、フロントラインよりも芋が湧きやすく、また爆撃機にも襲われるためその点は注意が必要です。

 

第4位 チームデスマッチ

 

今作のチームデスマッチは一般的にあまり良い評価を受けていませんが、まあまあ楽しいと思います。

ただ、FPS初心者の方には向いていないかなあと思います。

 

その理由を話すために、今作のチーデスの特徴をまとめました。

・スポットが弱体化されたことで、敵の位置が掴みづらい。

・マップがチーデスにしては広い。

 

まず第一に、チーデスのような拠点のないモードでは、敵のリスポーン場所を予想する必要があります。

その時点で既に初心者には向いていないモードかもしれません。

さらにそれに加え、上に書いたように敵の位置が掴みづらくマップも広いので、余計に初心者には向いていないのかと思われます。

 

ただ中上級者の方にとっては、どこを索敵して良いかさっぱりわかっていない初心者相手に無双できるので、かなり楽しいと思います笑。

スポンサーリンク


第5位 ドミネーション

 

このゲームモードの一番悪い点は、回遊魚や魚群が多すぎる点です。

 

回遊魚や魚群とは何かというと、

・とりあえず大勢の味方とずっっと一緒に動く

・敵に取られている拠点を攻め続け、取った後は全く防衛をしない。

といった立ち回りをするプレイヤーのことです。

こういったプレイヤーが味方に多すぎると、大抵試合に負けてしまいます。

 

今作のドミネーションは、一人の強いプレイヤーによって戦況が大きく変わらないように、拠点をとるスピードが異様に速くなっているため、防衛がとても難しいです。

 

その結果、プレイヤーが余計に防衛より攻撃を優先しがちになり、回遊魚や魚群が増えてしまっています。

 

最下位 コンクエスト

 

あのBFシリーズの代表的モードがまさかの最下位です…。

 

理由はいくつかありますので、またまとめました。

・回遊魚や魚群が多すぎる。

・マップによっては拠点間の移動が地獄。

・芋が湧きやすいマップが多すぎる。

 

1点目はドミネーションとほぼ同じです。

2点目や3点目に関しては、HAMADAやPANZERSTORMが良い例ですね。

どちらも、拠点は遠いし道が開けていて遠くから撃たれまくるし…といった具合な地獄です…。

 

正直、僕はもうずーーーっとコンクエストをプレイしていないです笑。

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

あくまで個人的な意見ですが、結構BFVをやりこんで出した答えなので、納得してもらえたら嬉しいなと思います笑。

 

コンクエストだけプレイして、なんだこのクソゲー!クソマップ!といってないで、一度他のゲームモードもプレイしてみるのはいかがでしょうか!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

よいBFライフを!!

ゲームブログで月10万稼ぐ攻略情報を無料プレゼント

ワードプレスブログの立ち上げ方~売れる文章の書き方までを30本以上のコンテンツにまとめた攻略本を期間限定で無料でプレゼント。 今なら特典として「誰でも確実に3万円稼げるノウハウ」を解説した動画もお渡ししています。

※とりあえず無料で受け取る場合はコチラをクリック↓

記事用、Start up Affili