BF5

【BF5】リコイルコントロールの小技攻略。武器ごとの撃ち方

 

こんにちは。

以前、ひとつだけバトルフィールド5(BFV)のリコイルコントロールに関して記事を書きました。

まだご覧になっていない方はぜひこちらからご覧ください。

BF5】武器ごとの撃ち方一覧・リコイルコントロール

 

今回はその続きです。

前回の記事よりも、もっとマニアックでテクニカルな技をご紹介します。

 

その技のネックとなるのが、「単発撃ちモードへの切り替え」です。

この技を使えば、どんなにリコイル(反動)が大きい武器でも綺麗にリコイルコントロールすることができます。

スポンサーリンク


BFVの「単発撃ちモード」の仕様

どのFPSゲームの武器にも、フルオートモードと単発モードを切り替えられるものがあります。

BF5も決して例外ではありません。

 

しかし、どこゲームでも単発撃ちモードはほとんど使われていません…笑。

普段フルオートで撃てる武器を単発撃ちにしてるわけで、圧倒的にキルタイムが遅くなりますからね…。

そりゃあ人気がないのもわかります。

 

しかし実は、BF5に関していえば、この単発モードがとても優秀なんです!!

なぜかというと、BF5のフルオート武器を単発モードにすると、横反動が全くなくなるからです。

これを使えば、どんなに横反動がひどい武器でも、遠距離に正確に弾を飛ばすことができます!

 

このリコイルコントロールに向いてる武器

この小技を使えるのは、先ほども述べた通りフルオート射撃が可能な銃だけです。

 

つまり、SMG・AR・LMGの3種類です。

(MMGはバイポッドを展開してADSすれば結局反動がほぼ0なのでここでは無視します)

 

この3種類の中で、一番単発撃ちに向いているのは、ARだと思います。

 

なぜかというと、

SMGの場合、いくら反動がなくなって遠距離まで弾を当てられても、そもそもダメージの距離減衰が激しかったりして1キルの必要弾数がとても多く、なかなかキルできないからです。

またLMGの場合は、そもそもルイスガンなどの低反動武器で遠距離を抜くことができるし、バイポッドを立てればなおさら遠距離も戦えるからです。

 

一方でARの場合は、LMGと違って普段は近中距離しか安定して戦えないし、SMGと違って距離減衰がそこまで強くないので遠距離キルの必要弾数もそんなに多くありません。

 

このような理由から、この小技に一番合った武器はARだと思います。

スポンサーリンク


実際の武器の撃ち方攻略

 

ここではYouTubeにアップされている、TIE Ruさんの動画を参考に解説します。

 

まず、TIE Ruさんがこの小技を初めて動画内で解説した動画がこちらです。

この動画では、ARのM1907 SFが使われていますね。

 

実は、ARはヘッドショットのダメージ倍率が2倍(他の種類の武器より高め)ですので、単発モードにしてTTKが下がっても、頭を狙えば十分撃ち合いに強い武器になります。

 

一方で、同じくTIE Ruさんの動画で、SMGを単発撃ちした動画がありましたので、そちらもご覧ください。

この動画では、SMGのSuomiを使っていますね。

動画内で、単発撃ちを何回かしていますが、どれも敵を倒しきれていません…。

 

TIE Ruさんぐらい単発うちが上手くても殺しきれないと考えると、とても難しそうです…。

 

このように、この小技を使うのであればやはりARがおすすめです!

また、AR3種類はそもそもの性能も強くて、僕も愛用しているのでとっても普通に使うにしてもおすすめです笑。

 

STG44とStrumgewehr 1-5に関しては、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください!

→  【BF5】StG44のおすすめ専門技能カスタム。撃ち方・立ち回り解説も!

→  【BF5】Strumgewehr1-5のおすすめ専門技能カスタム。撃ち方・立ち回り解説も!

スポンサーリンク


最後に

 

以上が、リコイルコントロールの小技「単発撃ちモード」の解説でした。

参考になったでしょうか?

 

ぜひこの小技を使って、今まで相手にしてこなかったような頭出しの相手をバンバンキルして見てください!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

良いBFライフを!!

ゲームブログで月10万稼ぐ攻略情報を無料プレゼント

ワードプレスブログの立ち上げ方~売れる文章の書き方までを30本以上のコンテンツにまとめた攻略本を期間限定で無料でプレゼント。

今なら特典として「誰でも確実に3万円稼げるノウハウ」を解説した動画もお渡ししています。

※とりあえず無料で受け取る場合はコチラをクリック↓

記事用、Start up Affili