BF5

結局、BF5(バトルフィールド5)の評価は?2019最新版【PC・PS4】

2018年11月に発売された「バトルフィールド5(BFV)」。

超人気シリーズの最新作だったのにも関わらず、もうすっかり他のゲームにぼろ負けです…。

 

発売前には、BFの世界でバトロワがプレイできる!と期待されていましたが、バトロワがプレイ可能になるのは発売から4ヶ月後…。

その間に、基本プレイ無料のバトロワゲーム「Apex Legends」などが登場し、ますますBF5の影は薄くなってきました。

Apexについてはこちら!

→  Apex Legendsのwiki風まとめ!評価や必要スペックも解説【PC・PS4】

→  Apex Legendsに関する記事一覧

 

そんな感じで、今現在ほとんど話にもあがらないほど人気が無くなってしまったBFVですが、実際どうなのでしょうか?

アップデートを繰り返して少しは改善されているのでしょうか…?

今回は、実際のプレイヤー目線から、2019年最新のBFVの総合評価を語りたいと思います。

スポンサーリンク


最新、BF5(BFV)の評価

出典:https://www.ea.com/ja-jp/games/battlefield/battlefield-5

このゲームの悪い点、良い点を平等な目線で解説してきます。

 

BF5の良い点

グラフィックがとてつもなく良い

出典:https://www.ea.com/ja-jp/games/battlefield/battlefield-5

プレイ中HUDを消してみると、それはもはや映画の世界です笑。

まるで第二次世界大戦当時の世界に入り込んだかのようなリアルさでとても魅了されます。

キャンペーンモードなんかは特に素晴らしい映像美です。

こればかりは、本当に他のゲームでは体験できない貴重な要素だと思います。

 

FPSがちゃんと出るように、グラフィックを低設定にしてもちゃんと画質が高いので、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください!

→  BF5(BFV)のPS4にもおすすめ設定。初心者はこれ!

スポンサーリンク


分隊との協力プレイはこのゲームにしかない要素

出典:https://www.ea.com/ja-jp/games/battlefield/battlefield-5

兵科ごとにしっかりと役割分担がされており、違う兵科との協力プレイを楽しむことができるのは、このゲームの大きな特徴です。

さらに、独自の分隊システムにより、この協力プレイがさらにやりやすく楽しくなっています。

強いプレイヤーが強引にチームを引っ張るのではなく、チームで一丸となって戦う。

そんなリアルな戦争の像に寄せていく意図が見受けられますね。

 

分隊システムに関してはこちらの記事もどうぞ!

→  BF5(BFV)の兵科・コンバットロールとは?それぞれの立ち回りも解説

 

武器・兵器が多彩で魅力的

出典:https://www.ea.com/ja-jp/games/battlefield/battlefield-5

同じ第二次世界大戦を描いたFPSゲームでも、BF5ほど当時の武器・兵器を再現しているゲームはないと思います。

ミリオタの方々にとっては嬉しい要素だと思います。

しかも、それぞれのカスタマイズが簡単で、選択肢も多過ぎず少な過ぎずちょうどいいです。

自分好みに武器をカスタムして戦う楽しさは健在です。

スポンサーリンク


武器・兵器のバランスが割とうまく取れている

今までのBF作品では、戦車・ヘリが強すぎるとか、あの銃が強すぎるとか、とにかくバランスがあまり取れていませんでした。

たしかに、あれだけ武器や兵器の種類が多いのでバランスを取るのも難しそうです。

しかし、その点BFVでは比較的安心です。

航空機が少し強い印象がありますが、開発元はバランス調整に関して敏感に修正を入れていくようですので大丈夫だと思います。

 

32対32の大規模マッチはこのゲームだけ

出典:https://www.ea.com/ja-jp/games/battlefield/battlefield-5

BFの人気ゲームモード「コンクエスト」をはじめ、いくつかのゲームモードでは、32人対32人という大規模でのマッチが可能です。

大人数のチームで一丸となって戦うことで、リアルな戦争を体験することができます。

 

ゲームモードごとに対戦人数は決まっているので、詳しくはこちらをみて確認してみてください!

→  【BF5】ゲームモード解説。おすすめランキングや人気のモードは?

 

キャンペーンモードが面白い

出典:https://www.ea.com/ja-jp/games/battlefield/battlefield-5

先程も書きましたが、まず映像美が半端じゃないです笑。

それに加えて、ストーリー自体もかなり面白いのでとってもおすすめです!

オフラインのキャンペーンモードについてはこちらの記事でも紹介しています。あわせてご覧ください。

→  【PS4】オフラインで初心者にもおすすめのFPSゲーム一覧!協力プレイもあり

スポンサーリンク


BF5の悪い点

多すぎるバグ

発売当初からずーーーっと変わらずバグはあります。

ネットでは、BFシリーズはバグを楽しむもんだろ?という声まで聞くぐらいです笑。

 

特に最近ひどいのが、分隊出撃画面で画面がフラッシュするバグで、中にはこのバグのせいで気持ち悪くなったという方までいるようです。

 

バグに関してはこちらの記事にまとめてありますので、ぜひご覧ください。

→  【BF5】バグとその対処法。無限ロードや終わらないアップデート、進まない任務など

 

敵が見にくい

出典:https://www.ea.com/ja-jp/games/battlefield/battlefield-5

グラフィックを突き詰めた結果こうなってしまったようです…。

現実の戦争でも、死体のふりをして敵の目を欺くことがあったようですが、このゲームでも同じことができてしまいます笑。

誰にもみられないような角に伏せていたら、本当に気付かれません笑。

 

そんな伏せて隠れている敵に一方的にやられた時はかなりのストレスが溜まる訳ですが、

リアルな戦争を描くというコンセプトの上では、これは良いことなのでしょうか…?

 

グラフィック設定を改善すればまだマシになるので、こちらの記事を参考に変えてみてください!

→  BF5(BFV)のPS4にもおすすめ設定。初心者はこれ!

スポンサーリンク


クソマップ

出典:https://www.ea.com/ja-jp/games/battlefield/battlefield-5

ハマダやパンツァーストームを嫌うプレイヤーの方は多いのでは無いでしょうか?

僕もその1人です笑。

これらのマップでは、芋砂や芋戦車がはびこり、拠点間の移動がまともにできません…。

そのため、普通の歩兵同士の撃ち合いがしたい方にとってはかなりストレスとなります…。

 

この点は、ゲームモードをちゃんと選んでプレイすれば割と問題ないと思います!

詳しくはこちらをどうぞ。

→  【BF5】ゲームモード解説。おすすめランキングや人気のモードは?

 

回遊魚プレイヤーが多すぎる

BFシリーズには昔から付き物の回遊魚プレイ。

みんなで団体行動し、1つの拠点を攻めては次、また次も攻めては次。と、拠点の防衛は全くせず、ただただ敵に取られている1つの拠点を確実に取るだけの脳筋プレイのことです。

コンクエストなどのゲームモードで顕著になります。

 

次の項目でも書きますが、1人ではあまり活躍できないのも回遊魚プレイが多くなる原因となっています。

よほど上手くないと1人じゃ活躍できない→でも分隊単位で行動できるほど野良の人と連携を取れない→じゃあみんなと動こう。こういう流れで回遊魚プレイが多くなるのだと思います。

 

回遊魚プレイが多くなると何が問題かというと、単純に試合に負けます…。

そして、その状況をなんとか打破しようとする一部のプレイヤーのストレスになります…。

初心者の方には難しいかもしれませんが、一番近い敵の拠点を攻めにいくだけではなく、

拠点を防衛したり、敵陣側の拠点に裏どりをしたり、臨機応変に立ち回ることを意識しましょう。

スポンサーリンク


1人ではあまり活躍できない

出典:https://www.ea.com/ja-jp/games/battlefield/battlefield-5

今までのBF作品とは違い、所持弾数が少なかったり、自動回復が弱かったり、弾の精度が良いのですぐに死んでしまったり、スポットがなかったり、いろいろな理由が関係して結果的に1人では活躍しにくくなっています。

 

YouTubeにある無双動画の裏には、大抵回復奴隷の兵士が付いています笑。

開発者としては、上手い人が1人で試合を運ぶのではなく、チームで一丸となって、また分隊ごとに協力しあって戦って欲しいようです。

そのため、少なくとも1分隊ごとに行動しなければあまり効果的な活躍ができないケースが多いです。

 

BFVの総合評価

僕が1つ気づいたこととして挙げられるのが、

実はこのゲーム、FPSゲームだと思うと正直あまり面白くありません。

ですが、グラフィックが超リアルな戦争シュミレーションゲームだと思えばすっごく楽しいです笑。

BF5の評価が人によってすっごく別れるのは、この考え方の違いによるものと思われます。

 

ですので、FPSがやりたい!撃ち合いをしたい!という方には、このゲームはあまりお勧めできません…。

でも、第二次世界大戦をここまでリアルに再現しつつ、しかもちゃんとFPS要素も残して完成されているゲームはこれ以外にないと思います。

 

そういった意味で、このゲームは十分に買う価値のあるゲームだと思います。