デバイス

曲面(湾曲)ゲーミングモニターのおすすめ5選とメリット/デメリット解説

曲面(湾曲)ゲーミングモニターの人気が高まっています。

FPSをプレイしている人に特に人気がありプロゲーマーでの採用例も増えてきています。

また、映画や動画を頻繁に視聴する人にも人気があります。

 

プロゲーマーも採用している曲面ディスプレイは一体どこが優れているのでしょうか。

普通のモニターとの違いやメリット・デメリットを確認してみましょう。

スポンサーリンク


曲面モニター (ディスプレイ) のメリット

まずは曲面ゲーミングモニターのメリットを紹介します!

動画やゲームの臨場感が高い

曲面ゲーミングモニターの最大のメリットは臨場感がある映像を楽しめることです!

横幅が広い物が多いですがディスプレイが曲がっているため映像への没入感が増します。

ゲームや映画など、大迫力な演出を見るには最適なモニターなのです。

FPS、バトロワなどで有利

提供:Reddit

曲面モニターは21:9の比率のモニターが大部分を締めています。

21:9のモニターは従来の16:9のモニターに比べ横に長いのが特徴です。

モニターが横に長いため普通のモニターに比べより広く視野を確保することが出来ます

FPSやバトロワなどでは視野が広いほど索敵できる範囲が増えてとても有利になります。

特にFPSをプレイする人に自身を持ってオススメします!

スポンサーリンク


作業をしながら動画を見たりできる

湾曲ディスプレイにはウルトラワイドのモニターが多く存在します。

モニターの横幅が広いため、作業スペースと動画スペース等を同時に確保できるのです。

作業をしながら同時に参考資料を真横に表示しておくのも良いでしょう。

実際に筆者は記事の執筆や動画編集時にこのメリットをかなり感じています!

筆者にとっては普通のモニターには戻れない最大のメリットです。

 

曲面モニターのデメリット

ゲーム実況をする場合は少し不便

提供:Youtube

Youtube等の動画サイトは一般的な16:9の動画が推奨されています。

湾曲モニターは21:9が多いためウィンドウモードで録画するなどの工夫が必要です。

ゲーム実況などの録画を行う際はモニターのメリットを活かせない事になります。

また、ゲームによってはウィンドウモードではFPS上限が60に制限されるものも多いです。

ウィンドウモードではRTXなどの高画質オプションも使用できない事もあります。

とはいえ、ゲーム実況者以外にはデメリットにならないでしょう。

16:9のモニターであればこのデメリットを受ける心配もありません。

サイズが大きすぎる物が多い

湾曲ディスプレイサイズが大きいものが多く、デスクを占める面積がとても広いです。

35インチなどのものが多く普通のデスクでは納まりきらないかもしれません。

購入を検討する際は必ずデスクのサイズに収まるものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク


湾曲ゲーミングモニターのおすすめランキング5選!

ここまで曲面ゲーミングモニターについて解説してきました。

ついにオススメのゲーミングモニターランキングの発表です!

5位 ASUS ROG Strix XG49VQ

提供:ASUS

驚異のアスペクト比32:9、49インチの超横長な湾曲ゲーミングモニターです。

この湾曲ディスプレイの迫力は他のディスプレイを完全に圧倒します!

視野の範囲は驚異的でレースゲームなどの没入感は恐ろしいほどです。

144HzでHDRやFreeSyncにも対応しているROGのハイエンドゲーミングモニターです。

 

しかし、32:9に非対応のゲームも多く横伸びした映像になってしまう欠点もあります。

また、あまりにも大きすぎるため設置するスペースを大きく確保しなくてはなりません。

 

4位 LG 34UC79G-B

提供:LG

筆者が2年間使い続けているウルトラワイドゲーミングモニターです。

144HzやFreeSync、暗所を明るく表示するブラックスタビライザーに対応しています。

更にUSB3.0端子があるのでスマホを高速に充電することも出来ます。

 

FPSに最適化されたFPSモードが搭載されており、FPSプレイヤーに特にオススメです!

スポンサーリンク


3位 ASUS VA326H

提供:ASUS

16:9の一般的な比率を採用しているフルHDの曲面ゲーミングモニターです。

FPSモード、RTS/RPGモードなど用途に最適なプリセットが用意されています

ブルーライト軽減の機能もあり、長時間モニターを見続ける人にも安心です。

 

2位 Pixio PXC243

提供:Pixio

16:9の一般的な比率を採用しているフルHDの湾曲ゲーミングディスプレイです。

144HzでFreeSyncに対応しておりブルーライトカット機能も搭載しています。

ここまで高スペックながら20,000円以下で購入できる圧倒的なコスパが魅力的です。

初めてゲーミングモニターを購入するという人にもオススメのゲーミングモニターです。

1位 MSI Optix AG32C

MSI Optix AG32C

提供:MSI

16:9の一般的な比率を採用しているフルHDの湾曲ゲーミングディスプレイです。

165Hzのハイリフレッシュレートに対応しており滑らかな映像を楽しめます

VAパネルを採用し、TNパネル並みの反応速度とIPSパネル並みの画質を実現しています。

かなりのハイスペックながらも値段が安くコスパが高いことも魅力的です。

 

4Kのおすすめ湾曲ディスプレイはこちら

最後に4Kのおすすめ曲面ゲーミングモニターを紹介します。

MSI Optix MAG321CURV MN508

提供:MSI

4KでHDRに対応している圧倒的画質を誇る曲面ゲーミングモニターです。

高度を自動で調整してくれる機能を搭載しておりゲームプレイをアシストしてくれます。

60Hz駆動なので競技シーンには向きませんが、画質優先の人には最適のモニターです。

GTA5やFF15などの画質が売りのゲームをプレイするのにオススメです。

 

以上がおすすめの曲面ゲーミングモニターの紹介でした!

参考になればと思います。

また、本ブログでは他のデバイスの紹介していますので、そちらもどうぞ!

ゲーミングモニターとテレビの違いを比較!モニターでテレビを見る方法も解説

FPSプロゲーマーおすすめのゲーミングモニターランキング【144hz/1ms】

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。

よいゲームライフを。